燃えたぎるギター Ver.3

40半ばの素人ギター弾きの活動記録ならびに反省文等

2010年03月

H22.3.6「ブルースの日」

H22.3.6 於:らぐたいむ(札幌市中央区)

この日は、翌日のライヴを控えて札幌のスタジオで嫁さんと練習していたが、
帰り道、らぐたいむに立ち寄って月1回の「ブルースの日」イヴェントに混ぜていただく。
最初は胃が痛くなるほど緊張したが(車だったので酒も飲めなかったし)、
参加していたオジサマたち皆さん気さくな方で、
自分も2曲遊ばせていただく。

遊んだ曲
1 リトル・ウィング(デレク&ザ・ドミノスヴァージョン)
2 クロスロード(クリーム・ヴァージョンをスローテンポで)
-----------------------------------------------------------
使用ギター エピフォンのフルアコ「エンペラー」made in Korea
使用アンプ らぐたいむのジャズコーラス(60w)
使用エフェクタ なし
------------------------------------------------------------

アンプ直結でギター弾くと楽しい!
思い通りのナチュラルないい音がする。
ほんとは、らぐたいむ所有のベースマンも使ってみたかったけど、
翌日の本番もジャズコを使う予定だったので、あえてジャズコでブルーズを奏でてみました。

オジサマたちには、エピフォンのフルアコが大人気で、
自分が弾いた後も、とっかえひっかえで、オジサマたちにたくさん遊んでいただきました。
彼(フルアコ)も、さぞかし幸せだったことでしょう。

オジサマたちも、すごくブルーズギターが上手くて、
特に、テイラーの青いストラトを弾いていた背の高いオジサンのギターには、
素面だった私も、とても感激してしまいました。

できればまた、らぐたいむの「ブルースの日」に混ぜていただいて、
オジサマ達とセッションしたいなー

H22.3.7「気分はブルース」

H22.3.7 於:らぐたいむ(札幌市中央区)

出演① yue cafe
1 Englishman in New York
2 蘇州夜曲
3 星影の小径
4 You gotta be
5 いとしのエリー
-------------------------------------------------------------
使用ギター エピフォンのフルアコ「エンペラー」made in Korea
使用アンプ らぐたいむのジャズコーラス(60w)
使用エフェクタ BOSSのマルチをコーラス代わりに
--------------------------------------------------------------

Yueさん(私の嫁)とのデュオ。選曲はYueさんの歌いたいものから選んでいます。
私の「伴奏ギター」の鍛錬の場でもあります。
昨年9月はアコギで伴奏しましたが、今回は準備不足のため、
アコギより弾きやすいかなと思われたフルアコで伴奏してみる。
他にはないサウンドを狙ったつもりではあったが、やはりよっぽどの実力がないと、
フルアコのみでの伴奏は難しい。
リズムの切れ味が全然出せず、ヴォーカルさんに悪いことをした。

ちなみに1曲目はスティングの曲の「羊毛とおはな」ヴァージョンから
5曲目は平原綾香のボサノヴァヴァージョンからそれぞれ引用させていただきました。
2,3曲目は私共のアレンジなので、今後に向けてもうちょっと煮詰めたいと考えています。




出演② Duke藤原&プラナリア with T
1 ワンダフル・デイズ
2 いとしのうなじ
3 Truth
4 宝島
5 Omens of Love
----------------------------------------------------------------------
使用ギター 島村楽器のストラト made by フジゲン工房
使用アンプ らぐたいむのジャズコーラス(60w)
使用エフェクタ BOSSのマルチでディストーション+コーラスその他諸々
-----------------------------------------------------------------------

昨年より仲間に加えさせていただいている、フュージョンバンド。
今回の曲目はすべて「ザ・スクエア」のコピー。
1,4曲目以外は、ロック調のディストーションの利いたギターを鳴らさないといけないのだが、
事前の練習も含めて、音色・音量の調整に苦労した。
サスティーンを効かせようとして、必要以上に音色がつぶれてしまったり、
音量を上げようとして、アンプはハウリング起こしてピーピーなっているけど、
バンドのサウンドの中では埋もれてしまっていたり。
音づくりをもっと工夫しないといけない。


個人的には課題ばかりが残った今回の本番。
でも雰囲気はとても良かった。
ギャラリー
  • ギター三昧
  • ギター三昧
  • ギター三昧
  • ギター三昧
  • ギター三昧
  • 6月のyuecafeの本番
  • 6月のyuecafeの本番
  • 6月のyuecafeの本番
  • 6月のyuecafeの本番