燃えたぎるギター Ver.3

40半ばの素人ギター弾きの活動記録ならびに反省文等

2011年02月

H23.2.19 小樽「レノンセンス」にて

というわけで、一昨日の土曜日、嫁さんとのデュオの本番が終わりました。
小樽でのギター演奏は、フリーランスさんで1回セッションに参加したくらいで、本番は初めてなのでした。

本番当日の様子や曲目は、yue cafe のブログで嫁さんがまとめてくれているので、そちらをご覧ください。




最近のアコギの本番では、ギターをアンプ(たいていジャズコ)に繋ぐことが多かったけど、今回はひさびさにラインに通して、マスターに音の加減をゆだねることにしました。・・・先日帯広のちゃあぼさんの店でラインに通して弾いてみて、「あぁこれでも大丈夫かも」という見当はついていたけど、今回のレノンセンスは音響がとても良いところだったので、とても良かったと思います。

ただ、
洋モノの伴奏は素直なアコギの音でもまぁサマになるけど、和モノ(昭和歌謡)のギターをアコギ1本で伴奏するのは、自分の腕前からするにキツい。やっぱりこれまで同様、和モノに関してはコーラスを軽くかませた方がよいかもしれない・・・、というか無理にでもエフェクタかまして、自分の腕前を誤魔化したい・・・

ピックを使わないで弾くのも、やっぱり僕には加減が難しい・・・
左手も、長時間弾いてると、痛くなってくる・・・

・・・という具合に、反省点だらけで、「伴奏ギター奏者としてはまだまだ修行が足りん」と、
会場のみなさんのおかげて本番を楽しませていただいた一方、自分は落ち込んで雪道の中タクシーで帰宅したのでありました。



アコギで落ち込んだ反動で、今週はエレキギターウィークとさせていただきます。
木曜にはレッチリのバンドの練習、土曜にはスクエアバンドのFさんの可愛い生徒さんとのセッション・リハーサルがあります。

レッチリのバンドの本番も4月の2日に決まったとのことで、実は時間がなくなってきており、さらに共演の方も、今回のジャイアン・リサイタルさんのように、すごい腕前の方と聞いております。
上手な方とご一緒させていただくのはとても光栄なんですが、やっぱりどうしても緊張してしまいますね・・・
といっても、ちゃんとお客さんに楽しんでいただけるよう頑張ろう。

アコギは難しいけど楽し

いよいよ嫁さんとのデュオ yue cafe の小樽デビューも明後日となりました。
ほんとは昨年秋に「音座なまらいぶ」で出演する予定だったのだけど、やんごとなき事情でキャンセルし、
関係者の皆さまにご迷惑をおかけしてしまったので、明後日は頑張りたいと思います・・・


・・・と、いいつつも、

先日、YouTube にて、とある方がジョン・レノンの「ジュリア」という曲をコピーしている動画を発見し、
「ジュリア」って、こうやって弾くんだ! と認識を新たにし、感激して、
本番前にもかかわらず、つい「ジュリア」を弾いて遊んでしまっています(現実逃避?)。


不思議なアルペジオだな、と子どもの時に思っていたんですが、2カポで弾けば、なんてことなかったんですね・・・


子どものときに好きだった曲を、今こうして自分でも弾ける、という喜びったら・・・
(ちゃんとはコピーできてないけど、自己満足しています)



「ジュリア」はビートルズ「ホワイトアルバム」に収録されている曲で、
「ジュリア」はジョンのお母さんの名前ですが、歌詞に Ocean Child (大洋の子)とあるように、
オノ・ヨーコに捧げられたラブソングといわれています。


その「ジュリア」を、ショーンが歌っている動画もYouTubeにて見つけました。
涙モノです・・・


下↓をクリック
父が母に捧げた歌を息子が歌う




アルバム「ホワイトアルバム」には他にも、
「ブラックバード」や「マザー・ネイチャーズ・サン」等の、ポール・マッカートニーのアコギの名作もあり、
アコギファンも楽しい作品ですよね。

齢をかさねて

ゲイリー・ムーアも亡くなったとのこと。

こういうときにいつも思うんだけど、
自分がオジサンになれば、自分が若かったころのアイドルは、
自分よりもっとオジサンになっているのは当然のことだが、
その事実に対し、未だあまりピンとこない自分は、オジサンとしての自覚がたりないのだろう。



僕はブルーズのゲイリームーアよりもロックで速弾きのカッコいいゲイリームーアが好きでした。

みなさんも下記動画を是非楽しんでください。

[広告]

それにしてもすごいメンバー
レスポールのツインギターもカッコいいですね







動画見れなかったら↓こちらをクリックしてみてください。
ゲイリームーアと仲間たち

H23.2.4 帯広「ちゃあぼ」にて

昨日・一昨日と休みをもらえたので、奥様と帯広に行ってきました。


一昨日の晩は「ちゃあぼ」さんのお店へ。
ちゃあぼさんは帯広の名ギタリスト。昔大変お世話になりました。

一昨日はちょうどライヴのない日だったので、嫁さんと共にお店のステージで思う存分遊ばせていただきました。
お客様はちゃあぼさんお1人だけの、yue cafeの公開リハーサル。

-----------------------------------------------------------
使用ギター タカミネ PTU708
ラインにつなぐ

------------------------------------------------------------

昭和歌謡とカーペンターズあたり3,4曲やらせてもらったけど、ちゃあぼさんからも好評価をいただき(半分はお世辞かもしれないが)、
yue cafe 結成から使っているタカミネも、上位機種ではないけど、内臓PUが良いようで、「良い音がでている」と言っていただきました。

次回のライヴに向けて、少し希望が持てました。





それからほどなくして、私が帯広にいたころやっていたパンクバンド「帯廣暴動」のリーダー、A氏がお友達を連れて遊びに来てくれたので、A氏と私とでアコースティック・パンク・デュオで数曲遊ばせていただきました。



ところで上記の「次回のライヴ」とは、私共が願っていた、地元・小樽での本番です。
今月の19日(土)、会場は「レノンセンス」(小樽市花園3-8-12)です。
ジャイアン・リサイタルさんの前座をやらせていただきます。

http://tarupon.com/?tag=%E3%83%AC%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B9
上記ページの「他」というのが、私たちのことです。
時間は夜8時から。お暇な方は是非聴きに来て下さい。



帯広のちゃあぼさんのお店は、下記。
http://www.obihiro-music.com/item_53.html

上記ページの写真には写っていませんが、一昨日お店に行ったら、
VOXのAC30が、なんと2台も置いてありました。
お店のレスポール借りて、AC30を生まれて初めて使ってみたけど、すごく気持ちの良い、自然な音だった。
またちゃあぼさんのお店に行って、遊ばせていただきたいです。




・・・一年近く、このブログを更新していませんでした。
今年は、演奏記録などをココに残していけるよう、頑張りたいと思います。
ギャラリー
  • ギター三昧
  • ギター三昧
  • ギター三昧
  • ギター三昧
  • ギター三昧
  • 6月のyuecafeの本番
  • 6月のyuecafeの本番
  • 6月のyuecafeの本番
  • 6月のyuecafeの本番