燃えたぎるギター Ver.3

40半ばの素人ギター弾きの活動記録ならびに反省文等

2011年05月

デイヴ・エドモンズ

下にも書いたニック・ロウの曲について、

メイキングの映像があったんですねー すごいなぁYouTubeは。


ギターのデイヴ・エドモンズ、めちゃくちゃ上手いし、かっこいい!


映像見ても、この曲のギターソロ、まだまだ謎なんですけどねー
3分30秒過ぎから、ギターの神が憑依した約20秒間・・・
ほんとに上手いですねー 他に言葉がみつからない。



エドモンズには、こんな演奏もありました。 


ハチャトリアン「剣の舞」。

昨日の練習その他

昨日はお昼2時過ぎ早々に仕事を片付け、札幌にて久々のバンド練習。


久々のフュージョンバンド「デューク…(中略)…with T」(スクエアのコピー)の本番が、
7月2日にあります。

スクエアの曲では、今まではストラトを使用していましたが、フュージョンにはパワー不足の感があり、
今回から、ESPのミラージュを使用してみようと思っています。
これは帯広にいたとき、知り合いのギタリストが某楽器屋に手放したカスタムモデルを、
その方の紹介で安価で購入できたという楽器で、
楽器屋通した分、なんか得したんだか損したんだかわからないけど、まぁモノはおそらくイイものなんだけど、
本番で一度も使ったことがなかった。

で、いざ、昨日スタジオに持って行ってみたら、
自宅では「これぐらいかな」と用意しておいた音色が、スタジオのアンプを通すと、
ちょっとメタルっぽい音になっていて、バンドの音に馴染まなかった。というか、
機械的な音は、やっぱり周りに埋もれるなー
もうちょっと、ギターらしい音にしないと。


次回のバンド練習までに一度個人でスタジオに入って、音づくりしないといけないな。



スタジオまでのドライブ。独りだったので大音量でカーステレオを聴く。





ニック・ロウ聴いて、まぁプロだから当たり前といえばそうなんだけど、
バックの演奏が滅茶苦茶上手いことに、今更ながら衝撃。
自分で演奏した後にこういう曲聴くと、なんか力が抜けてしまう。
自分は素人なんだから別にいいやと割り切ればそれまでなんだけど、でも、
TVでも「理想を捨ててしまうと老いさらばえてしまう」というから、
素人でも、音楽をやる以上は、理想というか、価値判断基準はちゃんとしてないといけないな。

承前

(実は、ことあるたびにこのネタは書いていて、恐縮なのですが)



そう、クラプトンはこれを忘れてはいけない。







超メジャーな演奏ですが、
当時、エレキギターのブルーズの確立に燃えていたクラプトンですが、
ビートルズのバラードにも、こういう風に演奏できた、というあたり、
クラプトンの当時の才能なんですね。

基本はクラプトンです

私のギターの教科書はクラプトンです。
特に、60年代。
といっても、60年代のクラプトンの曲すべて弾けるわけではないので、
絞り込むなら、下記の2曲。





「バッジ」は、クラプトンのべスト中のベストのソロだと思います。
余計なことしなくてもイイフレーズだし、チョーキング、ヴィブラートの微妙な加減がたまらない。





「荒れた街」は、音色がダーティーだけど、この勢い、私が13歳の時から好きな演奏です。

帯広のちゃあぼさんの店

帯広の「ちゃあぼ」さんの店についての詳しいことは
ネット上ではなかなか載ってなくて、それでもここ最近、
お店でのライヴやセッションの様子が YouTube などでアップされるようになり、
なつかしく拝見していたんですが、

今日、徒に検索してみたら、
遂に、出来上がっていました! ちゃあぼさんの店のホームページ

http://cyabohisao.web.fc2.com/index.html

どなたかが、ボランティアで作ってくださったページのようです。
感激ですねー ライヴ情報もどしどしアップされるとよいなー

ちなみに私は、嫁さんと yuecafe で、7月に登場予定、ということになっているのですが、
本当に行けるのかなぁ・・・
ギャラリー
  • ギター三昧
  • ギター三昧
  • ギター三昧
  • ギター三昧
  • ギター三昧
  • 6月のyuecafeの本番
  • 6月のyuecafeの本番
  • 6月のyuecafeの本番
  • 6月のyuecafeの本番