燃えたぎるギター Ver.3

40半ばの素人ギター弾きの活動記録ならびに反省文等

2011年09月

続 弾き語りの怪物

下にも書いた、倉地久美夫さんのライヴ、昨日札幌で観れました。



YouTube で観て期待していた以上に、生の倉地さんは、圧巻・・・


お人柄やMCはソフトな印象だったのだけど、音楽そのものは、圧力がすごい。


会場でCDを買って、帰りの車の中で聴いてきたけど、
いくら、カーステレオのヴォリュームを大きくしても、生で観たときの迫力にはかなわない。
当然、YouTube の動画でも同じ。

スピーカー越しだと、現場で感じた躍動感が半減されるのは仕方ないのだけど、

楽曲を聴きたいというより、生演奏を聴きたい、と言ったらいいのかな。
ぜひともまた北海道に来てほしい方です。



昨日聴いた曲が YouTube にあったので、拝借します。

http://www.youtube.com/watch?v=GEh2oMMoX7M

http://www.youtube.com/watch?v=Ak9jWBzuwpE

http://www.youtube.com/watch?v=5PsGspnULxg

生で観た、ヴォーカルの迫力、ギターの音圧はこんなもんではなく、昨夜は打ちのめされました。


してギターはおそらく変則チューニングで、
曲ごとにパターンを変えていて、さらにカポを多用していて、それで出来上がるギターの和音が独特なんです。

それで、曲間に倉地さんがチューニングをして、曲が始まる前にダラーンとギターを鳴らしたときの、
その鳴らした和音で、もう、しびれましたねー

弾き語りの怪物

来週の出張先で、帰りの飛行機乗るまで時間つぶすのに、おもしろい映画でもないかと
いろいろ調べているうちに、「庭にお願い」という映画があるのを知り、

倉地久美夫さん、という方も、はじめて知りました。
映画の予告編に始まって、諸々のライヴ映像をYouTubeで観たけど、すごく素敵だ
http://www.youtube.com/watch?v=n0IXxtxaWGg
http://www.youtube.com/watch?v=4p9DACGnK00




出張先では結局のところ、上映時間が合わなくて映画観れないのだけど、
倉地さん、来週はなんと札幌でライヴやるそうだから、ここは是非とも観に行きたいなと思っています。


倉地さんは、蘇州夜曲も歌ってます。
http://www.youtube.com/watch?v=gQEskH6ui2s



こういうパッションを持って自分も伴奏弾けたらなぁ・・・

今夜もプログレ

昨夜からのピーガブ熱が冷めず、今夜もYouTubeにてジェネシスライヴ観賞。


下記URLは、アルバム「フォックストロット」収録の大曲、 Supper's Ready のエンディングですが、

http://www.youtube.com/watch?v=upi6wpANBh4

ここでも、ピーガブのステキな姿と熱唱が聴けて、それでもう十分楽しいのだけど、

この曲、名曲なので、ピーガブ脱退後もジェネシスのライヴでは定番であったわけですが、
前任者がこれだけ個性的な歌い方されたら、ふつうなら、後釜の人はそう簡単には歌えないと思うんだけど
フィル・コリンズの歌も、いいんですよねー

同じ曲のエンディングより、フィル・コリンズ・ヴァージョン

http://www.youtube.com/watch?v=ab53D4cUDZw



その他にも今夜は、晩酌の肴にプログレ系をYouTubeでハシゴしていました。


その中から、ひとつ紹介。


第3期キングクリムゾンのTV(?)ライヴ
http://www.youtube.com/watch?v=7MEZ55EQOcE

このピンクのスーツ着た東国原さん似の人も、天才ですからねー
こんな風にギター、弾けないですよね・・・
2曲目、フィードバックをこんなに操ってる姿を見ると、真夜中に酔っ払っても眼が冴えてきます。


ジェネシスの名盤

私はピーター・ガブリエル在籍時の70年代前半のジェネシスが好きなんですが
中でも、大好きな1枚が、下記のライヴ盤(無人島にも、きっと持っていきます)。

4171-ESoj3L__SL500_AA300_.jpg


今じゃ、この時期のジェネシスのライヴ映像、YouTube で観れるんですね。
絶対損しないと思うから、是非どれか観てください。



<上記ライヴ盤の曲目>

1. Watcher Of The Skies
http://www.youtube.com/watch?v=bETFh4eRdM8

2. Get 'Em Out By Friday
http://www.youtube.com/watch?v=Q-U9YXCg2cE
(オリジナルの動画が見つけられなかったので、トリビュートバンドの演奏から)

3. The Return Of The Giant Hogweed
http://www.youtube.com/watch?v=NhyO2LmeJTE


4. Musical Box
http://www.youtube.com/watch?v=3-seK9PgRhA


5. The Knife
http://www.youtube.com/watch?v=5XhDHJNuyXw

ピーガブのメイクや衣装、アクションなど、
もし自分が彼のバックでギター弾いていたら、思わす吹き出してしまいそうなんだけど、
ジェネシスのメンバー、よくもまぁ大真面目に演奏できるもんだと感心してしまう。

ピーガブが色物にならないのは、やっぱりこの歌唱力、魂の籠った歌、なんだろうなぁ
(4曲目「ミュージカルボックス」のラストは、何度観ても鳥肌が立つ)


バックの演奏も、すごく気合いが入っているし、
曲そのものが、深みがある和音と親しみのあるメロディーが同居していて、すごく有機的だと思うし



・・・とはいっても、上の映像は昔過ぎて、
ぼくらの世代にとってのピーガブといえば、下記の動画がなつかしいですよね、きっと
ピーター・ガブリエル「スレッジハンマー」


彼みたいな人は、天才なんだなぁ

嵐の土曜日

先週土曜は、札幌「らぐたいむ」での結婚パーティーの余興で、
yuecafe で4曲演奏させていただきました。

曲は
Can't Take My Eyes Off of You
Lovin' You
胸の振子(昭和歌謡)
I Saw Her Standing There(ビートルズ)


先ほど録音を聴いて、相方とともに落ち込む・・・
これで、来月の本番、大丈夫なんだろうか。



私に関しては、アコギのストロークが全然だめ

練習練習。


来月の本番とは、前にもお話しした10月9日の「音座なまらいぶ」ですが、
yuecafe の出番が決まりました。
19時より、南小樽「ヴェール・ボア」さんで演奏させていただきます。
お時間のある方は、是非お越しくださいませ。
「音座なまらいぶ」ページ
http://onzanamalive.web.fc2.com/




閑話休題

して土曜日は、パーティーが終わって早々に、雨の中、恵庭「モジョ・ハンド」へ。
ビトさん、ヌルマユ永井さんのライヴを聴いてきました。
恵庭に着いたのが8時過ぎで、ヌルマユさんは3曲ぐらいしか聴けなかったけど、
ビトさんは全部聴くことができました。
あいかわらず、聴いていて気持ちがよかった。

「モジョ・ハンド」も、とても落ち着くお店で、また遊びに行って
ゆっくり呑みたいものです。
ギャラリー
  • ギター三昧
  • ギター三昧
  • ギター三昧
  • ギター三昧
  • ギター三昧
  • 6月のyuecafeの本番
  • 6月のyuecafeの本番
  • 6月のyuecafeの本番
  • 6月のyuecafeの本番