私が高校の頃、ストレイ・キャッツのリズム隊、ドラムのスリム・ジム・ファントムと、ベースのリー・ロッカーは、ニューヨークのギタリスト、アール・スリックと組んで Phantom,Rocker & Slick というトリオを組んで、アルバムを出しました。

ちょうどMTVでは、下の曲のプロモーションヴィデオがけっこう盛んに流されてました。ちょっと前まで YouTube でそのヴィデオ観れたのですが、削除されたようなので、代わりに下記を貼っておきます。



(動画観れない方は下記をクリック)
http://www.youtube.com/watch?v=CqnQxaP4P58


このアール・スリックの力強いギターと無骨なフレーズが、当時高校生の私も滅茶苦茶カッコよいなーと思い、以来今日、私がオジサンになっても、スリック氏は、私が師匠と崇めるギタープレーヤーの1人です。



スリック先生は、長年デヴィッド・ボウイのサポートギタリストとして活躍された方で、ボウイの若い時から、



(動画観れない方は下記をクリック)
http://www.youtube.com/watch?v=wsNE-syqsG4


ボウイ絶頂期にも、スリック先生は元気いっぱい。



(動画観れない方は下記をクリック)
http://www.youtube.com/watch?v=51O7MT3rUpo


ボウイが渋くなっても、プレイは変わらず、




(動画観れない方は下記をクリック)
http://www.youtube.com/watch?v=or1dyvCgzMw


派手ではないと思うけど、この、男くさい音とフレーズがたまりません。



で、最近 YouTube で見つけて驚いたのが、スリック先生つい最近、冒頭に紹介した曲をライヴで演奏したんですね。しかもリー・ロッカーと。ロッカー氏はなんだかダンディになってしまっていますが、スリック先生は年不相応のやんちゃなファッションで、そして力強いギターはちっとも色あせていませんでした。

この曲のライヴ映像ですからねー、たいへん貴重だと、弟子としては思います。


どうかこの動画が削除されませんように・・・




(動画観れない方は下記をクリック)
http://youtu.be/aIsbPxkBW-M