燃えたぎるギター Ver.3

40半ばの素人ギター弾きの活動記録ならびに反省文等

2013年03月

エレキギターは比較的ミーハーです

近日中にエレキギターを弾く用事が出来て、音色を練らなきゃいけなくなりました。
今回はマーシャルを使いたいと思っているのだけど、自宅じゃマーシャル鳴らせないから、今日、自分のアンプヘッドを札幌のスタジオに持ち込んで、2時間、あれこれと鳴らしてみました。・・・2時間は、あっという間です。

マイマーシャル


自分のマーシャル(JCM2000)に電源入れたの3~4年ぶりくらいじゃないかな? そしたらなんと2つのチャンネルのうちAの方が音が出なかった。ショック・・・
本番のスタジオには同じJCM2000があるそうなので、スタジオのを借りよう。


それにしても、実にミーハーなんだけど、マーシャルはやっぱりたのしいなー
ニオイだけでも飛んじゃって駄目。


ギターは、下の2本を持ち込んでみました。

マイギター2本

写真左のヒストリーのストラトにRATかましたら若々しいロックな音がした。これでフーとかスモールフェイセズみたく弾いたら最高だ。
マーシャルの歪みをきつめにしてチューブスクリーマーでブーストさせてスポットライトキッドのリフとか弾いてみてももう堪らなかった。クランチ気味にしたらスティーヴィー・レイ・ヴォーンみたいでこれまた気持ち良い。

でも今度の本番ではストラトだとちょっと毒気が足りないので、写真右のESPのギターを使う予定です。

このギターを自分は最近セクハラギターと呼んでいる。中古で入手した当初からギターに若い女性の写真が貼ってあり恥ずかしいのですが、色塗りかえるのもめんどくさいのでそのままにしています。



このギターのハンバッキングPUは音が硬めなのかな。でも安っぽい音ではないので今回はこれで勝負してみることにする。
歪みはアンプで作るんだけど、手持ちのエフェクタ―で音をブーストさせる際に、今度やる曲には何を使えばピッタリなのか悩むところ。自分で弾いてる分にはボスのディストーションが気持ちいいけど、客観的・音色的にはチューブスクリーマーなのかな。


エレキのテクニック的部分でも、リアルタイムに頑張っている方々に当然及ばないが、「いざ本番」となったらその辺は潔く。ただし、音楽的に最低限のことは守れるようにしないといけない。






スタジオまでの行き帰り、車の中でイースタンユースの「感受性応答セヨ」を大音量で聴く。このアルバムの音は大好きだ。「夜明けの歌」を日曜夜に聴いたら、ホントもう涙止まらない。






YouTube に、こんな素敵なカヴァーがありました。




・・・明日から頑張ろう


 

昨夜のフライアーパーク

2月以降の活動反省文の前に、昨夜の反省文を・・・


昨夜は札幌フライアーパークさんに出演させていただきました。

共演は、「さかなやサニー」さんと、「野村美帆トリオ」さん。


「さかなやサニー」さんは初めてでしたので、事前に YouTube で予習させていただいていたのだけど、ピアニカにハーモニカのサウンドが面白そうと思って昨夜生で聴いたらスゴくカッコよかった。選曲もよかったし。スタイルカウンシルの替え歌も面白かったけど、ツイッターでもつぶやいたようにストレートノーチェイサーも痺れた。また聴きたいです。小樽に来てください。

「野村美帆トリオ」さん、野村さん・村木さん・高畑さんのお三方揃ってお会いしたのは、よく考えたら久々だったんですが(トリオさんと共演したのは昨年2月の恵庭MojoHand以来)、久々という感じはしなかった。トリオさんも選曲、そして三人の音色が私共お気に入りで、かつヴォーカル伴奏でのギター弾き(&ループエフェクタ―使用者)の私としては、先輩の村木さんの演奏を凝視(凝聴)しているのです。



私個人の昨夜の反省としては、その前の処方箋ライヴもそうだったのだけど、ループステーションで伴奏を再生したときの音量のバランス、あるいはギターに(泉谷先生から頂いた)ダイナコンプを噛ませたときの音量のバランスなど、いろいろ考えたら、いざ本番で相方と合わせた時にギターの音が大きすぎてしまうという傾向が最近あり、それは悩みのひとつ。
そして、昨夜の録音を聴いてみると、自分のアコギの音色って(某Gさんからも以前アドバイス頂いていたのだけど)なんか、ダンゴっぽいんですよね。瑞々しさがないというか。いつもシャカリキというか力んでいるというか、そこはパンクロック上がりのギター奏者の宿命なのか。


やっぱりアコギはエアで音拾ってもらうのが一番なんでしょうか


私共にまた課題の残った本番でしたが、皆さんから盛り上げていただき、そして僕らも共演の皆さん聴いて盛り上がっちゃったし、楽しいライヴでした。 宗形マスター、ありがとうございました。





話は変わりますが、

冒頭でお話ししたように昨夜さかなやサニーさんがストレートノーチェイサーを演奏されたので、それで個人的にまた盛り上がっちゃって YouTube でストレートノーチェイサー観ようと思ったら秀逸な「初音ミクヴァージョン」http://youtu.be/MnHzvVYi_Vwを見つけたんですよね。それで今日は昼間から ♪氷も、水も氷も~ というフレーズが頭の中コダマして密かに困っていました。

初音ミクさんの唄につきましては、私もある時期中毒になったことがあるのですが、数あまたの彼女によるカヴァー曲のうち、下記あたりの感じが私のお気入りです。



12月~1月の活動(備忘録)

過去の活動の記録の続きです

yuecafeの活動がほとんどですが、相方によるyuecafeのブログhttp://ameblo.jp/yuecafe/にそれぞれの演奏曲・ライヴの雰囲気など書かれていますがら、詳細はそちらのブログの方をご覧になってみてください。




11月23日(金)
いい夫婦・・・HOT NIGHT!Love & Peace Live@レノンセンス(小樽)
共演は泉谷ブルースバンド(略称イズブル)さん、泉谷ファミリーバンドさんでした。泉谷先生と息子さんお二人メインによるファミリーバンド、グッときた。イズブルさんには私も最後セッションでギター弾かせていただきました。

12月1日(土)
処方箋ライヴ No.73 @(旧)岡川薬局 Cafe White (小樽)
共演はカワムラさん(from広島)と、小樽でおなじみの「おがわとーる」さん。カワムラさんはやはりさすがだった。この日はおがわさんと私のアコギ2本の即興セッションでスモークオンザウォーターを演奏した。
カワムラさんの演奏→処方箋ライブ No.73 カワムラさん

12月15日(土)
Mojo Hand オープンマイク @Mojo Hand(恵庭)
すっかり酔っ払ってしまい、この夜のことはあまり覚えていません・・・

12月28日(金)
満月ライヴ@キッチンぐるぐる(小樽)
この晩の様子はこちらで→満月ライブ vol.160

1月5日(土)
処方箋ライヴ オープンマイク @(旧)岡川薬局 Cafe White (小樽)
なんだかこの晩も酔っ払っていたなぁ。処方箋ライヴのオープンマイクでは私も何度か弾き語りにチャレンジしているのですが、唄いながらのギター弾くのは難しい・・・

1月27日(日)
満月ライヴ@キッチンぐるぐる(小樽)
この晩の様子はこちらで→満月ライブ vol.161



以上、メモ程度に残しておきましたが、この期間において個人的に特筆すべきは、1月27日の満月ライブでの、ベーシストよしぞうさんと私による新ユニット「よしぞうcafe」結成かな。
アコギ&ベースでプログレにチャレンジ、といっても私自身は(初期クリムゾンと初期ジェネシスは大好きなんだけど)そんなにプログレ全般に通じてませんが、この方向性も面白そうなので、「よしぞうcafe」も細く長く続けて行きたいと思っています。


クリムゾンにチャレンジ



人間椅子にチャレンジ

ギャラリー
  • ギター三昧
  • ギター三昧
  • ギター三昧
  • ギター三昧
  • ギター三昧
  • 6月のyuecafeの本番
  • 6月のyuecafeの本番
  • 6月のyuecafeの本番
  • 6月のyuecafeの本番