こんばんは。

先月は、yuecafe、ウミ・ソラ、三羽鴉と、いろいろなところに出演させていただいて、たくさんの方にも聴いていただき、有難く思っています。各所で出会った皆様にあらためまして感謝申し上げます。

11月ですが、こないだの日曜、1日に、数年前に36歳で夭折した大阪のブルーズギタリスト、ケン中島さんのトリビュートライブでギターを弾かせていただきました。
大阪のケンさんですが、縁あって毎年この時期に小樽のライブハウス「レノンセンス」さんでメモリアルライブが催されております。
このイヴェントが小樽のブルーズの新しいメッカになってくれたら、と、微力ながら僕も、第1回目から参加させていただいています。

天国のケンさんの磁力なのか、毎年この企画では出演者のみなさんがそれぞれにいい音をだされていて、聴いているだけでも本当に楽しいライヴです。
僕は昨年に引き続き、ケンさんの楽器をお借りして弾くことができたのですが、自分の楽器のように力入れて弾き倒す感じではなく、ケンさんのストラトだったらもっとタッチを大事にしないとイイ音出せないな、と本番後反省し、来年の自分の宿題としたところです。


あと11月の本番は、明後日の7日(土)に、札幌ススキノのスローハンドさんにて、grow という名前の新しいバンドで、ベースを弾かせていただきます。
バンドの曲は70~80年代洋楽名曲カヴァー中心に数曲、何を演奏するかは本番のお楽しみ。
(ハードロックとか、パンクとか、テクノとか、演歌とかではありません。)
他のメンバーのみなさんそれぞれ上手で、お客様にはきっと楽しんでいただけるのではないかと思っています(参加している自分が、まずもって楽しいバンドです)。
もしお時間ありましたら是非お越しくださいませ。

11月7日(土)@LiveBar slowhand
札幌市中央区南7西4 第2北海ビル アバンティ4F
開演21時 1dr.付 1,700円





で、自分のベースはどんなもんなのか、といいますと、
ベースの本番は、数年前に相方yue嬢と麻衣子さんのピアノとのトリオでチラッと演奏して以来のことで、いつもとは違うポジションの間隔に指が届かなかったり、アンプの音作りができてなかったり、自分のアタックがバンドのリズムとずれていたり、と課題山積です。
でもとりあえず、ベースという楽器の良いイメージは頭に入れておかなきゃいけないということで、最近聴いているのが、KISS のジーン・シモンズのベースです。


今夜の動画ですが、

ジーン・シモンズの素晴らしさを書くと長くなるので省略しますが、美味しいベースラインと倍音豊かな音色は、すごく勉強になります。
FBでは先日、1977年のライヴ動画を紹介したのですが、この古いライヴも迫力十分で、また曲の良さ、演奏の質の高さも伝わってくるので、お時間ありましたら是非聴いてみてください。