燃えたぎるギター Ver.3

40半ばの素人ギター弾きの活動記録ならびに反省文等

2016年01月

長生きしてほしい人たち

少年時代に気に入ってよく聴いていたロックのアイドルたちも齢を重ねていて、鬼籍に入った方も多く、誰がどうとかはココでは細かく書きませんが、デヴィッド・ボウイが死んだときは、残念だったな。

私たちもオジサンになっているから、私のアイドルたちがだんだんとオジイサンになって、だんだんとこの世からサヨナラしていくのは仕方のないことですが、同じ時代を生きていたとしてもアイドルたちは最初から私の手の届かない世界にいるので、アイドルが死んでしまっても、手の届かない世界であるには変わらない。
でもアイドルがこの世からいなくなったとしても、彼らが残した音楽はいつでも聴くことができるので、ちょっと寂しいけど、これからも彼らの音楽聴いて感激できることに変わりはない。






私のアイドルたちにも、オジイサン近くになってもマダマダご健在の人たちがたくさんいて、そんな彼らが、若いころに負けない勢いで、懐かしの名曲を演奏している動画をみると、うれしくなるし、励みになるな。



下の動画は、ピストルズの「プリティ・ヴェイカント」を、元ピストルズの音楽的リーダーで、私の心のベースの師匠であるグレン・マトロックと、長年のボウイの盟友で、私の心のギターの師匠であるアール・スリック先生が演奏している、奇跡的演奏です。

※動画では、グレンはベースじゃなく、アコギ弾いて歌っていますが・・・






今年もよろしくお願いいたします。

9-1-3 (1)

みなさまには旧年中、いつでもどこでも良くしていただき、誠にありがとうございました。
感謝の気持ちを忘れず、機会が巡ってくれば、少しでもみなさまに楽しんでいただけるよう励みますので、今年もよろしくお願い申し上げます。



私のこれからの出番の予定ですが、
来週の土曜、アベヒトシさんとのギターデュオ「ウミ・ソラ」で演奏させていただきます。

1月16日(土) @フライアーパーク(札幌市豊平区平岸4条7丁目12-10 Y's city BLD. 1F)
出演(順) ウミ・ソラ、鈴木長武さん、Monochromeさん
開演20:30、1dr.付1,500円
(フライアーパークさんのホームページ→http://www.st-seki.com/fp/

「ウミ・ソラ」は、アベヒトシさんのオリジナル曲をアコギ2本のインストで演奏していますが、デビューして1年くらい経ち、ジャズでもなく、ロックでもなく、ボサノヴァでもなくポップでもなく、それらがごちゃ混ぜになったような感じで、楽しくまとまってきました。
初期の「ウミ・ソラ」です。
 ↓

初期は荒っぽいですね・・・



「ウミ・ソラ」札幌でのライヴは昨年夏のパークジャズ以来2回目ですが、フライアーさんは初めてなのでドキドキしています。
また共演のMonochromeさんのギタリスト、加藤さんのプレイが私は好きで、今回ご一緒できるのがとても楽しみです。

札幌の皆さん、もしよろしければ、冬場で大変かと思われますが、是非、フライアーに来てください。


あとは、2月は小樽某所にて、相方とのデュオ「yuecafe」で演奏させていただく予定ですが、
詳細が決まりましたら、改めてお知らせいたします。







今夜の1曲ですが、

中学生の今頃は、オジー・オズボーンの「Diary of a madman」というアルバムを愛聴していましたが、最近iTunesで聴き直し、このリズム隊がすごくイイと再認識しているところです。
クレジットはルディー・サーゾ(B)、トミー・アルドリッジ(Dr)となっていますが、実際に収録されているのは1枚目と同じボブ・ディズリー(B)、とリー・カースレイク(Dr)の演奏。
プロなんで上手くて当たり前なんですが、ボブのベースは素晴らしいですね。土台がしっかりして、ノリも出して裏メロも主張しているような、抽斗の多いベースラインです。

私も今年はベースも上手になりたく、今調整中の楽器が帰ってきたら、ボブのベースなども参考にしっかり練習したいと思っています(といって、現在ベースで参加しているバンド grow はへヴィメタではありません)。






ギャラリー
  • ギター三昧
  • ギター三昧
  • ギター三昧
  • ギター三昧
  • ギター三昧
  • 6月のyuecafeの本番
  • 6月のyuecafeの本番
  • 6月のyuecafeの本番
  • 6月のyuecafeの本番